薪ストーブでペレットを燃焼する?

ペレット燃焼カゴNEN(燃-ねん)は、薪ストーブ用の木質ペレット燃焼カゴです。薪ストーブにNENを設置するだけで、ご利用中の薪ストーブで簡単にペレットを燃やすことができます。お買い上げ、レンタルのどちらでもご利用頂けます。横浜のペレット販売所にご来店頂ければ送料はかかりません。詳しくはお問い合わせください。

ペレットを薪ストーブで
サイズW 300mm D 220mm H 145mm
本体重量約2.5kg
本体容量約2.5kg(底板使用時)
材質SUS304 ステンレス
燃焼時間満タンで約1時間半(機種やエアの調整によって異なる)
価格22,000円(税込)

※サイズは上記のものを標準としております。ご希望のサイズがありましたらお問い合わせください。追加料金で別サイズもご用意できます。
NENについてのお問い合わせ

◆ NEN (燃-ねん)のメリットは?

NEN(燃-ねん)は、薪ストーブに薪の代替燃料として木質ペレットを利用することができる薪ストーブ用ペレット燃焼カゴです。 薪を購入するとお金がかかったり、時間と手間が大変になってきた、面倒になってしまったなど、薪ストーブ燃料の調達で困っていませんか? 燃(ねん)はご利用の薪ストーブにそのまま設置するだけで、効率よく木質ペレットを燃焼することができるので、お気に入りの薪ストーブを買い替えずにそのまま利用することができます。もう薪ストーブの燃料のことで悩むことはありません。

◆基本的な使い方

  • ①薪ストーブ内に設置
  • ②ペレットを入れる
  • ③焚き付け(着火材)をペレットの上におく
  • ④着火(エア開く)
  • ⑤全体に燃焼が広がる(エア調整)
  • ⑥スコップで燃料を追加する(エア開く)
  • ⑦消えてしまう場合は焚き付けをのせて再度着火する

使い方は簡単です。ストーブ内に設置したカゴにペレットを入れて、その上に焚き付けや着火材をおきます。着火すると始めのうち白い煙がでますが、徐々に手前から奥へ炎がひろがっていきます。 満タン一回の容量はペレット約2.5kgほどとなり、およそ1時間半ほど燃焼できます。燃焼時間は薪ストーブやご利用方法によって異なります。補充にはスコップを使いますので、手を汚す作業が少なく簡単です。ボックスの形状は、手前から奥へ炎が昇るように斜めになっており、燃焼が進むとペレットが少なくなりますのでスコップで補充します。ペレット燃焼カゴは、なるべく奥側に設置します。熾火(おき火)の状態からもペレットの継ぎ足しができます。

◆注意事項

燃焼中のペレットがストーブからこぼれて床に落ちないようにご注意ください。補充作業時は耐熱グローブのご利用をおすすめします。 設置はストーブの扉から離し、奥側の平らな場所に設置してください。 不完全燃焼時に白い煙がでることがあります。燃焼後の本体は非常に熱くなりますので、取り出す場合はしばらく時間をおいて、本体の熱が下がってから作業してください。

◆商品開発のきっかけ

以前当店では薪の販売を行っておりました。輸送と保管を含むと商品価格が高額になるため、近場で高品質な薪を調達しようと検討しましたが、ストーブに適した原料がほとんどない状況であることがわかり、商品として厳しいと判断して取り扱いをやめました。都心部の薪ストーブ利用者は、燃料確保に高額な費用をかけているか、燃料確保が困難でストーブを十分に活用できていない利用者がほとんどだと思います。近隣から煙の苦情がきて利用するのを控えてるというご意見もありました。何とかしたいと考えていたところ、薪ストーブ用にペレットを購入されたお客様とお話する機会があり、薪の代替としてペレットを燃焼させる器具の企画・開発をはじめました。ペレット燃焼カゴは、全国にある木質ペレット工場の国産ペレットを薪の代用品として薪ストーブ燃料に使用できるようにすること目的としています。

◆薪ストーブユーザーのメリット

薪ストーブ燃料とする薪をつくるには時間と手間がかかり、広い保管場所が必要です。ネットで購入すると、輸送費が必要となり高価な燃料となることがほとんどです。薪ストーブ用ペレット燃焼器具は、薪より手間が少ない木質ペレットを、薪ストーブ燃料にできるステンレス製のメッシュボックスです。ペレットは製品化されているため、品質のばらつきが少なく、熱量も充分にあります。
満タン一回でおよそ1時間半燃焼できます。(おき火を除く)継ぎ足しは道具を使いますので、手を汚す作業が少なく簡単です。ボックスの形状は、手前から奥へ炎が昇るように斜めになっており、燃焼が進むと手前のペレットが少なくなり、奥から手前に転がってきます。燃料が少なくなってきたら、奥に継ぎ足すようにすると、火が消えることなく燃料の補填ができます。

◆木質ペレットメーカーのメリット

ペレットを薪ストーブ燃料として活用できると、ペレットメーカーにもメリットがあります。ペレットストーブ用のペレットは、長さ、固さ、太さ、含水率、おが粉の細かさ、灰分、原材料などの項目で、高品質な商品であることが望ましいのですが、薪ストーブ用となれば品質のばらつきは問題がなくなります。直近10年の設置台数が約10万台、年間約9千台ほど設置されている薪ストーブ燃料として(参照:日本暖炉ストーブ協会)ペレットを活用できるということであれば、ペレット需要が拡大することになると思います。。都心部でも安定した材料の確保が可能であれば、薪ストーブ用のペレット製造が可能となり、輸送費の削減・低コスト化が実現できるかもしれません。